川口一晃 基礎から学ぶテクニカル教室

「2.パターン」

(1)歴史は繰り返す

下の二つのグラフを見てください(図2−1)。一見これら二つのグラフは同じ形に見えると思いませんか。

図2−1
図2−1

ところが、左は87年3月から87年9月までの半年間のニューヨーク・ダウの日足のチャート(一目均衡表というチャート)。右は97年3月から97年9月までの同じく半年間のニューヨーク・ダウの日足チャートです。 この二つのチャートはこの後どのように動いたと思いますか。 1ヵ月後を見てみましょう(図2−2)。

図2−2
図2−2

実は同じように大きく下落しています。右側の97年の方は87年のと比べて下落幅が小さいようにも見えますが、幅にしてみれば97年の方が下落幅は大きいのです。何故なら、87年のニューヨーク・ダウは2,000ドル台なのに対して、97年のニューヨーク・ダウは8,000ドル台で推移していたのです。つまり、値段の水準が違うので87年の方が大きな下落に見えるのです。 「歴史は繰り返す」とよく言いますがこのチャートを見る限り10年経って歴史は繰り返されたのです。 余談になりますが、なぜ歴史は繰り返すのでしょうか? 私見ではあるのですが、「知性は本能を超えられない」と考えています。どんなに文明が発達しても太古より人間の欲望だけは変わらないのです。ですから、人間に欲望がある限り、程度の差こそあれ歴史は繰り返されてしまう、と考えています。

(2)パターンの形成1(三尊天井)

チャートの世界にも上げ下げの歴史を繰り返すことによって、「このパターンになれば次にこうなるであろう」というパターンが出来あがってきます。前述したニューヨークのグラフのように「あの形になるとその多くが株価を大きく下げる」というのであれば次第にその形は下落パターンとして確立されていくわけです。 ここではそういう過去からの歴史の中で確立されてきた代表的なパターンをいくつか紹介したいと思います。まずは図2-3を見てください。これは82年11月からの日経平均の月足です。

図2−3
図2−3

82年の11月というのはそれまでの低迷相場から日本を代表するハイテク企業を中心にいよいよ日経平均10,000円突破を目指し、ひいては20世紀最後の大相場のスタートとなった月なのです。その後87年のブラック・マンデー、89年の38,915円の大天井と向かっていきます。 ちなみに、テクニカル分析の世界ではよく株価は、上げ・下げ・上げ・下げ・上げと上昇3回、下落(調整)2回で一つの大きな動きを出すといわれています(図2−4)。

図2−4
図2−4

換言しますと株の世界にも、ホップ・ステップ・ジャンプがあるのです(この考え方の基本となるのはエリオット波動といわれています)。89年の大天井の後は90年の10月に瞬間20,000円を割ったものの91年3月に戻り天井をつけにいきます。その水準は27,100円です。ここでそれらの動きに合わせて線を引いてみます(図2−5)。

図2−5
図2−5

実はこの図2−5の形を“三尊天井”と言って典型的な天井を打った場合に出るパターンと呼んでいます。ちなみに、三尊とは真中にお釈迦様、その左右にそれぞれ普賢(ふげん)、文殊(もんじゅ)のことをいいます。
海外ではこのパターンのことを“ヘッド・アンド・ショルダー”と言っています。つまり真中を頭、両脇を肩に見立ててこのように呼んでいます。もちろん、意味するところは同じように典型的な天井のパターンのことです。

三尊天井

逆に、底を打った時にでるパターンとして“逆三尊”というのがあるのですが、どういう形かというとご想像できていると思いますが、単に“三尊”の形を逆さまにすればよいのです。

逆三尊


ダブルトップ

また、三尊天井の場合は3回高値をつけた後に下落をして形成されるのですが、3回ではなくて2回で天井をつける時もあります。これを「ダブル・トップ」と呼んでいます。


ダブル底

また、三尊天井に逆三尊があったように、ダブルトップにもダブル底といわれる底を形成する形があります。


そして、この4パターンにおいてその形が完成したと考えられるのは破線のポイントをそれぞれ値段が超えたときです。
ということは、この破線を越えた瞬間売りでも買いでも動きが活発になることが考えられます。

<例>

逆三尊(トリプルボトム)

(3)パターンの形成2(ペナント、トライアングル)

「もちあい」という言葉があります。一定の値幅の間を行ったり来たりしている状態のことをいいます。株式というものは余程のことがない限り、長期間(かなりの期間)に亘って一定のレンジ間で推移するということは考えにくいものです。いずれ、上昇ないし下落があって新たな株価の位置を形成するものです。火山の噴火の前に頻繁に微震動が続いた後に大きな爆発があったり、緊迫した投手戦やテニスのラリーの後にちょっとしたきっかけからどちらかのワンサイド・ゲームになったりするのに似ています。このように、どちらかのもちあいから離れて株式が上昇ないしは下降する前にエネルギーが溜まっていく時に形成されるパターンをここでは勉強していきましょう。

イ.トライアングル
図2−6を見てください。太い線で囲まれた部分です。通常、一定の幅で推移しているうちの上値を結んで引かれている線(a線)を抵抗(レジスタンス・ライン)線、下値を結んで引いてある線(b線)を支持線(サポート・ライン)と呼んでいます。

トライアングル

ここで、レジスタンス・ライン、サポート・ラインの説明をしておきましょう。 抵抗線(レジスタンス・ライン)というのは株価の上値を結んで線を引きます。今までと同じように株価が動くのであれば株価が上昇してもこの線の周辺でその上昇は止まるであろうと予想されるわけです。もし、この線を越えて株価が上昇するのであれば今までの流れ(トレンド)とは違ったエネルギーが必要とされ、抵抗線を越えた場合には相場は新たな展開局面に入ったと判断されます。

また、支持線(サポート・ライン)というのは株価の下値を結んで線を引きます。解釈・考え方は抵抗線の逆で、今までの株価の動きが続くのであれば株価が下落してきてもその線の周辺で下落は止まるであろうと考え、その線を下に抜ければ新たな下落局面に入ったと考えるのです。
これらの線(簡単に引けるでしょ!)については意外に多くの投資家が気にしている(気を配っている=気配)ので線を越えて上昇、線を抜けて下落したりするときに「いよいよ大きく上昇だ」とか「もうだめだ」という意識が働いてその方向に拍車がかかることがよく見受けられます。

さて、話をトライアングルに戻しましょう。トライアングルとは今説明しました抵抗線と支持線を引いた時に形成される形が三角形の形をしているところから名前がついているのです。始めのうち開きのあった二つの線も徐々にその幅が縮まってきて、典型的なところでは前章で勉強しました同事線が現れるようになってくるのです。つまり、尖っている先に向かうにしたがってエネルギーが溜まっていく状態になり、変化の兆しを表す同事線が出てきたりするのです。他の教科書を見れば,これらのパターンが形成される形、位置等によって“上昇型”とか“下降型”と書いてありますが、上昇型、下降型と厳格に区別するのではなく、これらのパターンはいずれどちらかの方向に動くのであろうと考え、抵抗線ないしは支持線をブレイクして(超えて)からその方向についていくということでも遅くはないと考えています。

トライアングル

ロ.ペナント ペナントは前項で説明したトライアングルと考え方は同じです。形が若干違うだけなのです。下図を見てください。これらがトライアングルのパターンです。いずれどちらかに動くのでしょうが、動き始めてからついていっても遅くはないと考えています。

ペナント米ドル円

  

「1.ローソク足」

「3.トレンド」



●当社提供のレポート類について
本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

外貨ネクストはこちら

のりかえ&おかえりキャッシュバックキャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

高金利通貨キャッシュバックキャンペーン

業界最狭水準スプレッド

魅惑の通貨ペア、トルコリラ円

スワップポイント一覧

  Bid SP Ask
ドル円
ドル円
ユーロ円
ユーロ円
豪ドル円
豪ドル円
ユーロドル
ユーロドル

全ての通貨ペア