『外貨ネクスト』における外貨サービスの終了スケジュールについて

『外貨ネクスト』における外貨サービスの終了スケジュールは、以下の通りです。

外貨資産の解消方法の一環として外貨円転サービスを提供

A. 外貨入金

2013年(以下「本年」)12月20日(金)までに当社外貨預金口座へ着金し、かつ当社にて確認が取れた外貨のご入金につきましては、これまで通り『外貨ネクスト』口座内へ反映いたします※1
なお、この日までに当社外貨預金口座への着金および当社での確認ができなかった外貨につきましては、お客様の振込元外貨預金口座へお戻しいたします。このとき、金融機関に対し必要となる組戻し手数料は、お客様のご負担となります。
誠に恐れ入りますが、お客様におかれましては、特に必要とされる場合を除き外貨サービス終了間際の外貨入金はご遠慮くださいますよう、お願い申し上げます。

  • ※1 当社口座内への反映タイミングによっては、「外貨円転サービス」(本年12月19日(木)午後11時まで)や外貨出金依頼(後述)の最終受付日時に間に合わず、結果として最終回「自動ポジション・資金移動」(本年12月21日(土)予定)実施直前の外貨円転の対象となる場合がございますので、あらかじめご承知おき願います。

B. 外貨出金

通貨の種類を問わず、以下の通りといたします。

【外貨出金依頼の場合】
期間 外貨出金処理
本年12月14日(土)午前6時30分以前に出された外貨出金依頼 提示した「出金予定日」中に外貨出金処理をいたします。
本年12月14日(土)午前7時00分〜同月18日(水)午前6時30分までの間に出された外貨出金依頼 提示した「出金予定日」にかかわらず、同月20日(金)中に外貨出金処理をいたします。
本年12月18日(水)午前7時00分以降に出された外貨出金依頼 本ご依頼に基づく外貨出金はいたしません。
同月21日(土)午前中に当社にて出金依頼を取り消し、その外貨全額を円転※2したうえで、『外貨ネクストネオ』へ口座移動いたします。
【受渡(現受)注文成立時における出金予約の場合】
期間 外貨出金処理
本年12月12日(木)午前6時30分以前に成立した受渡(現受)注文の出金予約 本予約に基づき、「受渡日」(原則として受渡注文成立日の2営業日後)に自動的に出される外貨出金依頼にて提示した「出金予定日」中に、外貨出金処理をいたします。
本年12月12日(木)午前7時00分〜同月14日(土)午前6時30分までの間に成立した受渡(現受)注文の出金予約 同月20日(金)中に外貨出金処理をいたします。
本年12月16日(月)午前7時00分以降に成立した受渡(現受)注文の出金予約 本ご予約に基づく外貨出金はいたしません。受渡処理の完了時には本予約に基づく出金依頼が自動的に出されますが、この出金依頼は同月21日(土)午前中に当社にて取り消し、その外貨全額を円転※2したうえで、『外貨ネクストネオ』へ口座移動いたします。
  • ※2 前営業日である本年12月20日(金)NYクローズ時点の当該外貨の対円通貨ペアBidレートを、円換算レートとして適用します。その際、小数点以下の端数は切り捨てとなります。
12月中の受付日
(営業日単位)
11日(水) 12日(木) 13日(金) 14日(土) 15日(日) 16日(月) 17日(火) 18日(水) 19日(木) 20日(金)
外貨出金依頼 × × ×
出金予約
(現受発注時)
× × × × × × ×
:通常の出金予定日通りに出金処理いたします。
:通常の出金予定日よりも前倒しで、20日(金)に出金処理いたします。
×:21日(土)午前中に出金依頼を取り消し、円転したうえで同日の口座移動の対象となります。

外貨の円換算による保証金としての取り扱い

本年12月20日(金)NYクローズ直前のメンテナンス開始時刻(日本時間:翌21日午前6時30分)をもちまして、円換算による保証金としての取り扱いを終了いたします。
なお、この時点でお客様の『外貨ネクスト』口座内に残存する外貨資産は、同時点における当該外貨の対円通貨ペア※3のBidクローズレートを用い、本年12月21日(土)午前中にすべて円転したうえで、同日午後に実施予定の「自動ポジション・資金移動」最終回に『外貨ネクストネオ』口座へ移動いたします。

  • ※3 たとえば米ドルの場合は「米ドル/円」、ユーロの場合は「ユーロ/円」が該当します。

外貨受渡(現受・現渡)

お客様が発注された後、本年12月20日(金)NYC時点で未完了となっている外貨受渡については、それぞれ以下の通りといたします。

A. 現渡(外貨→円)

その「受渡日」※4にかかわらず、本年12月21日(土)午前中に前倒しで受渡処理を実施いたします。

B. 現受(円→外貨)

その「受渡日」※4にかかわらず、本年12月21日(土)午前中に前倒しで受渡処理を実施いたします。
ただし本処理の結果として『外貨ネクスト』口座内に反映された外貨については、この後まもなく円転(上記A)の対象となります。

  • ※4 『外貨ネクスト』口座内にて、円資産と受渡対象の外貨が入れ替わる日。原則、受渡注文成立日の2営業日後。