よくあるご質問 回答

移動直後の『外貨ネクストネオ』における「出金可能額」が、移動前の金額よりもかなり増えているのですが、どういうことですか?

お客様の『外貨ネクスト』口座が、以下のいずれかの状態に該当していたものと存じます。

●未約定の新規指値・ストップ注文が存在していた
「ポジション・資金移動」対象となった口座においては、その処理実施日午後1時時点で未約定であったすべての指値・ストップ注文を自動的に取り消します。そのため、これらのうち新規注文に対し必要となっていた「注文中保証金額」はすべて解放され、その分だけ『外貨ネクストネオ』における「出金可能額」が増大します。

●保有ポジションの一部が「両建」状態である
『外貨ネクストネオ』では、売ポジションと買ポジションがともに存在する「両建」の通貨ペアにつき、数量が多い側の必要保証金額だけを必要とする 「MAX方式」を採用しております。したがってこうした「両建」の通貨ペアの場合、数量が少ない側のポジションにかかる「必要保証金額」が解放されますので、その分だけ『外貨ネクストネオ』における「出金可能額」が増大します。

●移動直前の為替相場が、保有ポジションの成立値よりも大幅に円高となっていた
新規建玉時の保証金額を恒久的に適用した『外貨ネクスト』とは異なり、『外貨ネクストネオ』では実勢レート水準を基に各ポジションの「1Lotあたり必 要保証金額」を週1回算出し、条件に該当した際にはその額を増減します。したがって、保有ポジションの通貨ペアの相場が、移動処理直前の時点でその成立値よりも大幅に円高方向へ進んでいた場合には、同ポジションにかかる「必要保証金額」が『外貨ネクスト』のときの額よりも減少することがあり、その際には 「出金可能額」が増大します。
※非・対円通貨ペアにおいては、取引通貨(通貨ペア名の左側の通貨。「ユーロ/米ドル」の場合はユーロ)の対円相場が円高方向へ進んでいた場合に、必要保証金額が減少することがございます。

1つ前のページへ戻る

戻る