よくあるご質問 回答

スピード注文画面の「決済注文を同時に発注する」にチェックを入れた状態で、両建をOFFで発注すると、同一通貨ペアかつ反対売買のポジションを保有していた場合の扱いはどうなりますか?

[1]保有しているポジションより少ない数量の注文を発注した場合、約定日時が古い順に反対売買のポジションが決済され、決済注文は取り消しとなります。

[2]保有しているポジションより多い数量の注文を発注した場合、反対売買のポジションは全て決済され、新規で残りの数量分のポジションを保有することになり、そのポジションに対して決済注文が発注されることになります。

例) 「USD/JPY」買いポジションを「7Lot」保有している場合に、「USD/JPY」の新規売注文を「5Lot」を発注すると、保有ポジションに対する決済注文として処理され、決済注文は取り消しとなります。
新規売注文の数量が「15Lot」の場合は、「7Lot」が買ポジションと相殺され、残りの「8Lot」が売ポジションとして成立し、かつ、そのポジションに対し、決済注文が発注されることになります。

1つ前のページへ戻る

戻る