よくあるご質問 回答

テクニカル分析の「パラボリック」とはどういうものですか?

パラボリックは、SAR(Stop And Reverse)という2本の放物線状の線を用いて売買シグナルを見ます。

上昇するSARと価格が交差した時点が売りサイン、下降するSARと価格が交差した時点が買いサインとなります。

赤色の丸は買い、緑色の丸は売りサインとなります。
パラボリックは、放物線という意味で、相場の反転を認識した時に出るSAR(ストップ・アンド・リバース)が売買シグナルとなります。

計算式は、上昇時と下降時で2つに分けられます。
上昇時は SAR = 前日のSAR + AF×(EP − 前日のSAR) AF:加速因子(0.02≦AF0.20) 初期値が0.02で、終値がいままでの高値を更新するたびに、+0.02ずつ足されていきます。

但し、+0.2が上限となります。EP:前日までの最大値(上昇している間の)

SAR:パラボリックの値。(Stop and Reverse)下降時は逆に今までの最安値を更新するたびとなります。
ローソク足がSARを越えたら「買い」、下回ったら「売り」と考え反転するまでポジションを維持します。
パラボリックの通り売買すると、常に売りか買いのどちらかにポジションを持っていることになります。

パラボリックは、大きなトレンドを形成している相場には有効ですが、ボックス圏で推移している場合、売買のサインが遅れてしまい、あまり役に立たなくなってしまいます。他のオシレーター系のチャートと組み合わせて使うと有効的だと言われています。

1つ前のページへ戻る

戻る