大臣視察レポート

※当社名護支店は2016年11月14日(月)より当社沖縄支店(沖縄県浦添市)に統合いたしております。

山本一太内閣府特命担当大臣が外為どっとコム名護支店を視察[13/4/2]

2013年3月23日(土)金融業務特別地区視察の一環として、山本一太内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策担当、科学技術政策担当、宇宙政策担当)が外為どっとコム名護支店をご訪問されました。

山本大臣は、エントランスに設置されている大型為替レートボード、円形レイアウトの洗練されたディーリングルームをご覧になり、効果的で考えられた設計のオフィス構造に感心をされた様子で、名護支店でのディーリング業務にて1日に1500億円以上、多い日には4〜5000億の取引量があることをお伝えすると、大変驚いた様子を示しておられました。

また、山本大臣より名護支店のスタッフ採用状況についてのご質問もあり、沖縄県内での採用が9割以上である事をお伝えするとご安心いただけた様子を示しておられました。

その他にも、口座開設を担当している部署や、お客様の大切なご資産をお守りする為、24時間体制でシステムの運用を担当している部署を見学され、終始和やかな雰囲気での視察となりました。

今後も外為どっとコムでは、お客様の大切なご資産を守るためにBCP(事業継続計画)を継続するなど、お客様に優良なサービスや商品、安心した取引環境を提供させていただきたいと考えております。

  • 山本一太内閣府特命担当大臣
  • 山本一太内閣府特命担当大臣