酒匂塾長の『独り言』日刊|FXブログ|外為どっとコム

お誕生日おめでとう御座います。

今日2月23日は皇太子殿下の57歳のお誕生日だそうだ。

お生まれになった57年前の1960年のこの日の事はよく覚えている。

広島の修道中学の入学試験の前日であった。

その頃住んでいたのは広島市内から汽車(蒸気機関車)で約1時間の西条町(現在の東広島市)で、修道の在る千田町までDoor to door.で約1時間半は掛かるので入試を受けた西城小学校の総勢15名くらいで市内の旅館に泊まったのだがその部屋割りの最中に皇太子殿下が生まれた事を知り、何だか知らないが子供心に"良かったな。"と思った記憶が有る。

57年前か...


昨晩のFOMC.議事録の発表でドル・円相場は113.64までぴょんと上げたがドル高警戒コメントで112.95までどーんと下げ、ムニューチン米財務長官の"強いドルは米経済への信頼を反映。"発言で113.30まで戻すと言う決め撃ちの出来ない動きが続くが、まあ短期的には112.80~113.80のレンジを考えていればいいのかな?


プレミアム フライデイ?

今週から"月末の金曜日は午後3時頃までに退社時間を繰り上げよう。"と言う何だかビールの様な名称のプレミアム フライデイと言うものが始まるらしい。
狙いはサラリーマンにゆとりを持たせて消費を喚起し、同時に働き方改革も促すと言う事らしいが余り評判は芳しく無いらしい。

ウチのヤツも、"亭主に明るい内から帰って来られたら奥さんも大変だね。"と言っていたが最近は家に居ることが多い塾長への当てこすりだか何だかは知らない。

ふと自分の場合を考えてみたら6時半から飲み会が有るのに自分だけ午後3時に退社させられたんじゃあ困っちゃうよな。

何だか中途半端な様な気がしてならないな。

下がればもっと下げそうで、上がればもっと上げそう。

今日のドル・円相場は米債利回りの上昇と日経平均株価の約130円近くの上昇を受けてじり高。

高値113.71を示現したが何処まで戻るのであろうか?

ピボットのレジスタンス3=(ターニング・ポイント)は113.78であるがこれを超えなければ反落。

超えれば114円台回復も有るのかな?

先週の値動きは多くの人達が"不可解な動き"と表したが米債利回りは大きく下げており、金利面でのある程度の説明は出来たが、ダウ平均株価は7日連続で上昇している。

相場が下がればもっと下がりそうで、相場が上がればもっと上がりそうな気がする。

まあ難しいですね。


独り言。

"週刊・独り言"を更新しました。

意外な展開ではありますが。

今週のドル円相場はズルズルと値を下げ、多く人達が"意外な展開"と驚いていたが、我が国では外債投資の果実の円転とレパトリが起き、ニューヨーク市場であれだけ長期金利が下げれば後付けではあるが納得は出来る。

来週は少し落ち着くのではないのかなあ?

酒匂・エフエックス・アドバイザリー代表
酒匂 隆雄 (さこう たかお)氏

1970年に北海道大学を卒業後、国内外の主要銀行で敏腕ディーラーとして外国為替業務に従事。その後1992年、スイス・ユニオン銀行東京支店にファースト・バイス・プレジデントとして入行、さらに1998年には、スイス銀行との合併に伴いUBS銀行となった同行の外国為替部長、東京支店長に就任した。現在はコメンテーターとしても活躍中。

詳しくはこちら

ESCARPMENT

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧

  • ゴルフ
  • ワイン
  • 今週の独り言 (毎週月曜更新)


業界最狭水準スプレッド

ヘビートレーダーご紹介キャッシュバックキャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

高金利通貨キャンペーン

G-1 BATTLE

FXブログ利用規約

担当者へ通報する
不適切なコメントなどに対するご通報をこちらより行うことができます。※個別回答はいたしません。