酒匂塾長の『独り言』日刊|FXブログ|外為どっとコム

独り言。

"週刊・独り言"を更新しました。

コメント一覧

コメント2件

①年末に利下げがあると、米$/円は100円を切るかも

②その前に近い内にスイス中央銀行がマイナス金利幅

 急拡大スイスフランを一時的な暴落に導くかも?

  僅かでもプラス金利に戻すだけでスイスフランは
 上昇する。当面のマイナス金利幅急拡大による暴落

 は何でもない

③輸出企業メリットも考えるとスイスフランは€や£ 
 程ではないとはいえ、連れ高は、望む所ではない。

 一体.何の為のマイナス金利?

 ・

④東芝.ついこの間スイス証券市場でIPO上場売却した
 ランディスギア買戻し絶好のチャンスだ。社名消え

 てる東光精機等が復活して買い戻せばよい

⑤その後日立.東芝グループHD(仮称)等傘下へ加入

⑥既に東芝は債務超過ではないかも?WH関係4機原発

 のうちスキャナ側2機建設断念補償上限額2432億円

 に確定した.ジョージア州サザンの2機も略同経過と

 なる筈(建設続行で生じる費用を支払う能力.今の所

 東芝にはないからだ)

⑦建設続行で想定されていた追加費用は、2~3兆円?

 最悪結果に見えぬ事もないが、余新発債務5千億円

 に限定される。

 スイス証券市場での.IPO買戻特約付株式売却.東芝
 メモリも他社と合併の上、増資株式一部売却~>

 必要資金調達の道が付けば金余り金融界も融資相談 
 に応じ易い

⑧日立グループと一緒になるのなら独禁法上余剰事業

 を世界に売却する。非効率再編で.ばらばらになった

 製造部門有機的に世界展開する2~3兆円場合によっ

 ては数兆円入る?何故創業歴史古くない東芝かくも

 ハイテク超巨大製造研究業グループとなり得たのか

 やってることが一見馬鹿に見えても相当強かな戦略

 の持ち主

⑨仮に連結子会社の持分に達しなくとも人脈技術等で
 協力関係は維持できる.資本も漸増傾向。逆に東電は
 未だ請求されぬ簿外債務を含め.超巨大な債務超過

 原発は東電主体で再稼動しようとしても、東電では

 自治体も認可できぬ。膨大な休炉中原発群、単なる

 コスト源でしかない

⑩電気代値上げの為の無意味なコストのみどんどん積

 み上がる.既に存在意義を失っている東電.後の受皿

 候補、いの一番は日立&東芝グループ.拡がる大海 

 ・・
 
⑪事によると、『東芝』という名は消えるのかも?

⑫だが、宇宙人東芝ウィルスゲノムは他宇宙人DNA
 ウィルスゲノムと合体.融合同時分裂増殖進化発展

 成長.言いたいのは?・・宇宙人=ウィルスゲノム

 

投稿者:山中 雅和 | 2017年8月 1日  19:52

①今、ロッキード裁判や御巣鷹や9.11をざっと
洗い直している。大きな事件ほど、公式記録が
捻じ曲げられたまま是正されていない。・・

②ため息が出る。そして住専処理策は秘密法の
対象?・・『御巣鷹プラザ合意強要の手段?』

③『救難ヘリ2時間後ロープ降下開始許可願い』
帰還命令

④近現代史でさえ、この有様。中近世の歴史の
真実は?・・『憶測するな』?しないと100%

⑤間違ってしまう.証拠が無ければ『状況証拠』
『行間分析』『文脈総合』するしかない。

⑥『仮説』~>証拠を見つける。これしかない

⑦『信長の遺体がない』『若い時から、真筆が
途絶えている』・・『早期死亡or海外渡航説』

⑧代役信長は?・・光秀しかいない三日天下?

⑨三日で終わったのなら天下等というだろうか

⑩教科書の歴史も十分に面白い。が近現代史の
 6~7割、『中近世史の8~9割は真っ赤な嘘』
 位の事は覚悟しておいた方が良い

⑪特に日本史の場合、根本的に背後関係が抹消
 されている

⑫そういう意味では『古代史は、9~10割嘘』

⑬殆ど分かってない事になっている?まだまし!
紫式部(日本記の局)『日本記』は摂政道長により
焚書or隠匿秘蔵されてしまった・・細部に詳しく
全容の7~9割は日本史という容器(入れ物)の外に

⑭東海の 磯の小島に寄せる波 割れて 砕けて

 割けて 散るかも ・・ ( 実朝 )
 

投稿者:まかてぃーぱぱ | 2017年8月13日  00:28

コメントを書く

ニックネーム (必須)

コメント




※ 『投稿』 ボタンを押す前に必ず画像に表示されている文字を入力してください。
※ 画像認証には有効期限(現在は30分に設定しております)があり、それを超えてしまうと正しい文字を入力されていても投稿に失敗する場合があります。

酒匂・エフエックス・アドバイザリー代表
酒匂 隆雄 (さこう たかお)氏

1970年に北海道大学を卒業後、国内外の主要銀行で敏腕ディーラーとして外国為替業務に従事。その後1992年、スイス・ユニオン銀行東京支店にファースト・バイス・プレジデントとして入行、さらに1998年には、スイス銀行との合併に伴いUBS銀行となった同行の外国為替部長、東京支店長に就任した。現在はコメンテーターとしても活躍中。

詳しくはこちら

ESCARPMENT

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧

  • ゴルフ
  • ワイン
  • 今週の独り言 (毎週月曜更新)


業界最狭水準スプレッド

上限なしキャッシュバックキャンペーン

G-1 BATTLE

高金利通貨キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

FXブログ利用規約

担当者へ通報する
不適切なコメントなどに対するご通報をこちらより行うことができます。※個別回答はいたしません。