野村雅道のID為替研究所 (Day)|FXブログ|外為どっとコム

ECB議事要旨  慎重

「ECB議事要旨  慎重」

*安定的な金融政策を維持する必要がある
*欧州で今後、選挙が相次ぐ中、金融緩和策の縮小には消極的な姿勢を示唆した。*

*足元のインフレ加速をめぐっては、エネルギー価格の大幅上昇は一過性で、他の財・サービスへの波及は見られないと指摘。なお脆弱な基調インフレを押し上げるため、大規模な金融緩和が依然として必要とした。

*成長見通しは改善し底堅さも増していることは認めつつも、成長の足かせを踏まえると、比較的早期に頭打ちになる可能性がある

*ネガティブリスクは幾分後退したとしながらも、経済への全般的なリスクは依然下向きとした。

FX湘南投資グループ代表
野村 雅道(のむら・まさみち)氏

1979年東京大学教養学部を卒業後、東京銀行(現三菱東京UFJ銀行)入行、82年ニューヨーク支店にて国際投資業務(主に中南米融資)、外貨資金業務に従事。85年プラザ合意時には本店為替資金部でチーフディーラーを務める。

詳しくはこちら

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧



業界最狭水準スプレッド

ヘビートレーダーご紹介キャッシュバックキャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

高金利通貨キャンペーン

G-1 BATTLE

FXブログ利用規約

担当者へ通報する
不適切なコメントなどに対するご通報をこちらより行うことができます。※個別回答はいたしません。