FXブログ 朝日ニュースター「頂上決戦」


第59回 今、買いか?それとも静観?日本株!

放 送  5/3(土)午後2:00~2:55

テーマ 
今、買いか?それとも静観?日本株!

<内容>
今、日本経済は円高、先行き懸念で株価は低迷しているが、
果たして日本株は今の水準が適正なのか?
株価のトレンドを左右する外国人投資家の動向は?
米国株やアジア株の影響は?
今日本株を買うべきなのか? 見送るべきか?
今後どうなる?



パネリスト紹介

証券アナリスト
松下 律
(まつした りつ)

《略歴》愛知県生まれ。1974年慶應義塾大学工学部卒業、1976年同大学院修士課程修了、工学修士。国際投信委託(株)、ケミカル信託銀行(株)、インベスコMIM投信(株)(現インベスコ投信投資顧問)などにおいてファンドマネジャー。2000年以降は、主にインターネットを通じて個人投資家向けの情報発信を続けている。

三菱UFJ証券 チーフエコノミスト
水野和夫
(みずの かずお)

《略歴》1953年生まれ。1977年早稲田大学政治経済学部卒業。1980年同大学大学院経済学研究科修士課程修了。八千代証券(国際証券、三菱証券を経て、現三菱UFJ証券)に入社。1998年金融市場調査部長、2000年執行役員、2002年理事・チーフエコノミスト、2005年より現職。著書に『所得バブル崩壊』(ビジネス社、2002年)、『100年デフレ』(日本経済新聞社、2003年)、『虚構の景気回復』(中央公論新社、2005年)、『人々はなぜグローバル経済の本質を見誤るのか』(日本経済新聞出版社、2007年3月)がある。

第一生命経済研究所主席エコノミスト
嶌峰 義清
(しまみね よしきよ)

《略歴》青山学院大学経済学部卒。90年岡三証券入社。岡三経済研究所を経て、92年日本総合研究所入社。この間、エコノミストとして各国経済を担当。93年より日本経済研究センターへ1年間出向。94年以降、日本総合研究所へ戻った後は、米国経済・金融市場動向を担当。98年5月より現職。米国経済担当を経て、現在は金融市場全般、及び日本経済担当のチーフ・エコノミスト。

2008年6月 4日(水)19:24

外為どっとコムからのご案内

外為どっとコムTwitter