FXブログ 朝日ニュースター「頂上決戦」


第57回 政府系投資ファンド、SWFは日本に必要か?

放 送  3/1(土)18:05~19:00ほか

テーマ 
政府系投資ファンド、SWFは日本に必要か?

<内容>
サブプライムローン問題で揺れる米国金融機関。
その中で、資本増資の担い手としてすがる先が中東産油国のSWF(ソブリン・ウェルス・ファンド)政府系投資ファンドである。
政府が持つ国のお金を投資して運用してしまうという物だが、日本でも創設しようという運動が巻き起こっている。


SWF(ソブリン・ウェルス・ファンド)は本当に有効な事なのか?
また、日本にも必要な事なのか?

今回は真反対の意見を持つパネリストが集まり大激論!


パネリスト紹介

自民党前金融担当政務官
田村耕太郎
(たむら こうたろう)

《略歴》昭和38年7月23日鳥取市生まれ。同62年早稲田大学を卒業。慶應義塾大学大学院(経営)修了。平成元年山一證券に入社、国内外のM&A(企業合併・買収仲介業務)担当。平成14年、参議院鳥取県選挙区補欠選挙で無所属(自民党推薦)として立候補し、初当選。日本版政府投資会社の設立を提唱しており、政界でも指折りの金融政策通として多くの政策提案をしている。

経済評論家、楽天証券経済研究所客員研究員
山崎元
(やまざき はじめ)

《略歴》58年北海道生まれ。81年東京大学経済学部卒。三菱商事、野村投信、住友信託銀行、メリルリンチ証券、明治生命、UFJ総研など12社を経て、現在、楽天証券経済研究所客員研究員、一橋大学大学院非常勤講師、マイベンチマーク代表取締役。

ジャーナリスト 国際基督教大学講師
中岡望
(なかおか のぞむ)

《略歴》1947年広島県生まれ。国際基督教大卒。東京銀行を経て73年東洋経済新報社に入社、編集委員などを務め2002年退社。81~82年フルブライト・ジャーナリスト、ハーバード大学ケネディ政治大学院のフェロー。現在はフリージャーナリスト、様々なメディアに寄稿、本の執筆、講演活動を展開。また、国際基督教大学(ICU)、日本女子大学、武蔵大学の非常勤講師も務める。

2008年3月 6日(木)17:08

外為どっとコムからのご案内

外為どっとコムTwitter