FXブログ ニッポン放送ドットコムマネー塾


生花

<5月31日放送分>

石段をゆっくりと登っていく。見上げると青空の下に山門が小さく見える。いつもは一直線に山門を目指し歩みを進めるのだが、今日は勝手が少し違う。右側には青竹が龍のごとく踊るように伸びており、それが山門へと続いている。場所柄、命が脈々と流れている感覚になるのが不思議である。

 さて、いつもより時間をかけて石段を上り、山門をくぐり、本堂へと向かう。すると本堂の前には太くまっすぐ伸びた竹、その周り配置された緑の樹々と細くしなやに舞うように曲がっている竹が迎えてくれる。本来であれば、本堂の前にこれだけ大きな生花は存在しないのであるが、体の内部に入り込んだような感覚を持ったのは私だけであろうか。

そして、その一番奥には赤い木が一本だけ凛とした姿で置かれている。これは、「魂」ではないか。人間の根幹にある魂が一番奥に、しかもはっきりとその存在をアピールしていた。


さて、今週のマネー塾は華道家の前野博紀さんをゲストにお迎えしました。前述の感想は前野さんが護国寺を花器として花を活けたのを観てきた僕の感想である。

前野さんは30歳でサラリーマンを辞め、花屋さんでアルバイトからスタートします。そして、6年後に独立。そして、今やミッドタウンで花を活けたり、護国寺で活けたりと大活躍をしています。そして、何よりも、お会いしてお話しをすると「パワー」をもらえます。これだけパワーを感じる人は珍しいです。彼は言っていました。「花は力なり」と。
2010年6月16日(水)10:31

外為どっとコムからのご案内

外為どっとコムTwitter