FXブログ ニッポン放送ドットコムマネー塾


空港

<3月15日放送分>

「空港には愛がある」という人がいる。たしかに、空港という場所には、見送りがあり、出迎えもある。そうした中に、家族、恋人、友人といった様々な人の出会いや別れがあることから、至極当たり前のように思える。小さな箱を持ち、到着ロビーに立っている若い男性。その小さな箱のプレゼントがきっと彼女の大きな驚きと喜ぶ姿を演出してくれると期待を寄せながら、待っているに違いない。真っ赤なバラの花束を持っている小さな男の子もいる。その両脇には両親らしき人が、その男の子の服装を直しながら、しきりに耳打ちするかのように、話しかけている。満面な笑みで降りてくる祖父母を更に喜ばせる段取りをしているのであろう。孫の笑顔という祖父母へのプレゼントが更にプレゼントを抱えているようなものだ。

こうして見ると、空港は愛に満ちているのかも知れない。
そんなことを感じながら、今日も僕のマイレージライフは続いている。


今回のテーマは、「空港」です。
開港になったばかりの茨城空港を入れると日本には99もの空港があります。そして、その空港は国が管理する空港から地方公共団体が管理する空港まで3種類に分類されているのです。しかし、これだけたくさんの空港があっても、世界の顧客満足度および利用者数において、日本の空港はなかなか上位にランキングされておりません。ところが、韓国では仁川国際空港が1位、香港国際空港が2位、利用者数では北京首都国際空港が4位とアジア勢が上位に顔を出しているのです。

空港は人材交流、物流と国と世界を結ぶ重要な場所です。もっと、世界の国々からも利用しやすい空港を街づくりをしていくできですよね。

2010年4月12日(月)14:56

外為どっとコムからのご案内

外為どっとコムTwitter