FXブログ 為替物語


2008年5月16日アーカイブ


まちまち感。

 おはようございます。15日のニューヨーク外国為替市場でドルは対ユーロなどで底堅い一方、円に対しては上値が重め。1ドル=104円台半ば—後半での値動きです。ユーロ・ドルなどの下げにクロスが付き合っているせいか、米株高ではありますが円安ともドル高とも言い切れない状況になっています。

 15日発表になった欧米景気指標ではユーロ圏の域内総生産などがユーロにポジティブ材料になったわけですが、この先どうなるという展望を示すものではなく、徐々に「過去の数値かなぁ」とのムードに。一方、米国もフィラデルフィア連銀の5月景気指数は改善しましたけれども、4月の鉱工業生産指数や前週の新規失業保険申請件数、5月のニューヨーク連銀景気指数は今ひとつです。

 原油相場の調整継続、米株式相場の上昇、ドル高、というパスはあるのかもしれませんが、最終的には強弱材料が打ち消し合った感じですね。

 短期スタンス勢が週末接近で持ち高整理に動いたという面もあるでしょう。

 ちなみに長期の参加者は投機筋などがそうですが、6月の中間決算期末の接近で金融機関が新規融資を絞っているため、なかなか思い切ったポジションをとれません。現時点では調整的にドルを買い戻すことでドルの下支え役にはなっても、新規のドル買いなり円売りなりで基調転換・形成に一役買うということもない。

 引き続きネタ待ちになりましょう。

2008年5月16日(金)05:20 個別ページ

外為どっとコムからのご案内

外為どっとコムTwitter