FXブログ 為替物語


2008年5月15日アーカイブ


ドル買い一服も。

 おはようございます。14日のニューヨーク外国為替市場ではドル買いに一服感があり、各通貨とも対ドル相場は日通し安値からやや値を戻しています。14日発表の4月の米消費者物価指数が市場の想定ほどには上昇しなかったことなどを受けたもので、ドル・円は高値1ドル=105円40銭台に対して現在は105円を若干上回る水準です。

 とはいえ、ドル売りが広がるというほどでもありません。円絡みでは米物価安定が株高を誘い、円の重しになった面もあります。この辺はなかなか。

 本日は米経済指標の発表が続く中、ドル全体のセンチメントと株価動向をにらんでというパターンも継続すると見られます。引き続きよろしくお願いいたします。

2008年5月15日(木)05:29 個別ページ

外為どっとコムからのご案内

外為どっとコムTwitter