FXブログ 為替物語


2008年5月13日アーカイブ


豊川某氏風。

 おはようございます。12日のニューヨーク外国為替市場では日米欧の株高などを受けた円安の様相が続く一方、リスク許容度の持ち直しが米景気テーマのドル売りにつながった面もあってまたもや「いつか来た道」。

 ドル・円は欧州の取引時間帯に1ドル=104円台まで切り返した後、103円台後半でもみ合っています。豊川某氏の殺虫剤のコマーシャル的に言えば「どちらにすればええんやぁーー」となりそうですが、円絡みは金利水準の関係で平時はどうしてもドル売りに遅れをとります。 

 ドル買いの場合にはそうでもないですが、クロス円が先に沈めば出遅れますから、なかなか方向性が見出しづらい。

 「他者依存相場」と申しますかね。

 本日以降は米景気指標の発表が増えてまいりますので、株価をにらみながらそれなりに神経質に上下するかもしれません。引き続きよろしくお願い申し上げます。

※しばらく誤字修正が反映されずに見苦しい箇所がありました。申し訳ありません。 

2008年5月13日(火)05:33 個別ページ

外為どっとコムからのご案内

外為どっとコムTwitter