為替物語 第2章 外為どっとコムFXブログ

2013年1月28日アーカイブ

攻防。

  • 2013年1月28日(月)17:55

 日本時間28日夕刻にかけての外国為替市場で円は戻しましたがどことなく煮え切らずの感もございますね。

 英ポンドはカーニー次期英中銀総裁の積極緩和論に呼応したなどというけれど、彼はこの論で日本の「円高是正」も擁護してるわけだから隠れ通貨安志向かな?冗談です。

 ともあれとりあえずは戻り待ちの円売りも出ていて攻防中。欧州タイムは時折荒っぽい取引に揺さぶられるのでどっち行くかはわかりません。ただ投資家心理が円にネガな状況は続いているようには思う。

程よく戻す。

  • 2013年1月28日(月)10:46

 28日早朝―午前の東京外国為替市場で円は程よく戻してますかね。対ユーロは1ユーロ=122円90銭台を底に122円台前半に下げ渋り。日本株の調整につれた感じでどこまでがヘルシーかはわかりませんけどワンウェイよりはよろしいかと思える。

 中値決済ではドルやユーロが不足したようながら規模的にはさほど大きな偏りではなかった印象です。

おおむね円安。

  • 2013年1月28日(月)04:46

 おはようございます。日本時間の週明け28日早朝の外国為替市場で円はアゲンストを受け続けてると見るべきですかね。薄商いのため取引成立値ははっきりせず実際には割と動いたのかもしれませんが少なくとも円高サイドに急激に振れてゆく状況にはなさそう。

 スイスのダボス会議もとりあえずは終わりました。でもまぁ、政治的には「一定の理解得られた」と評してよいのでしょうけど調子に乗ってガンガンやれるはずもなかろう。助け舟といっても「マーケットで勝手に円が下げた」(カナダ中央銀行のカーニー総裁)レベルではねえ。

 「口先介入」や「けん制発言」は効果なんてないでっせって極論になりましょうからな。

外為どっとコムTwitter


FXブログ利用規約

担当者へ通報する
不適切なコメントなどに対するご通報をこちらより行うことができます。※但し個別回答はいたしません。