為替物語 第2章 外為どっとコムFXブログ

2013年1月 4日アーカイブ

続きますねえ。

  • 2013年1月 4日(金)16:55
 4日夕刻にかけての東京外国為替市場で円は対ドルで一段安。1ドル=88円台は2010年7月以来でいいんでしたかね。ま、既定路線といえる感じです。年末年始の真空狙いが奏功した方は調子づいてますからなあ。米金融政策絡みの観測など思い込みが過ぎるけれども流れに棹(さお)をさせるんなら何でもござれなわけだ。

 で、クロス円はドル・円のヒキが強めになってきました。 

 あとは2012年12月の米雇用統計か。いいとこ取りをしやすい環境ではあるがはたしてどう受ける。

突っかけて。

  • 2013年1月 4日(金)09:58
 4日早朝―午前の東京外国為替市場で円は売りのサイドにだいぶ突っかけましたね。対ドルは1ドル=87円70銭台までか。通貨オプション絡みのタマ+実需&日本株高にらみの注文が連なるイメージですけど真空地帯を抜けた分には揺り戻しもみられる。

 クロス円はドルストレートの影響もありますかな。ま、いずれにしましても特記すべきことがらはございません。

謹賀新年。

  • 2013年1月 4日(金)03:16
 明けましておめでとうございます。本年も(当コンテンツは残りわずかですが)よろしくお願いいたします。

 さて3日の欧米外国為替市場で円は組み合わせにより、具体的にはユーロや英ポンドに対しだいぶ戻りましたが投資家の先安シナリオはあまり崩れていません。また対ドルはドルストレートの影響、オセアニア通貨絡みはユーロクロスのヒキでそれぞれ上値が重かった。

 ま、ユーロの売りは年初・月初の需給要因なのかもしれずちょっと現段階では傾向判断をしづらい。

 あとは米雇用指標…どうとでもとれましょうけどとりあえずは強弱まちまちの感優位で米株価ドライブにはつながっていない。

外為どっとコムTwitter


FXブログ利用規約

担当者へ通報する
不適切なコメントなどに対するご通報をこちらより行うことができます。※但し個別回答はいたしません。