FXブログ なぜ? なに? どうして? 日本の不思議


<<  3 | 4 | 5 | 6 | 7  

梅の季節

週末は強風が吹き荒れて、寒い日でしたね[wobbly]
でも今日の東京は、うって変わって穏やかで良いお天気です[sun]
  Dsc01800
Dsc01811          

       

     

    

    




この写真は、家の近くにある神社に咲いている梅の花。 
今がちょうど見頃で、満開になっています。

美しい花を見ると、心が安らいですがすがしい気持ちになるので、 出かけるときはこの神社を通って最寄の駅まで歩きます。

今日も良い一日を送ることができますように[shine]とお願いしながら…[heart04]

2008年2月25日(月)14:03 個別ページ コメント(3)

どうなる!? 日本の株価

皆さん、こんにちは[happy01]

ブログ、半月ぶりの更新で、遅くなってしまってゴメンなさい。

今日は先日放送されました「頂上決戦」について書いていこうと思います。今回のテーマは、「2008年日本株はこう動く[sign01]」でした。

サブプライムローン問題が起こり、世界の市場は大混乱。日経平均が一時1万3000円を割り込み、NYダウは1万2000ドルを割る勢い・・・。この見過ごせない日本の株式市場の今後を、専門家の方々に大胆に予測してもらいました。

2007年の株価は、2月の中国株式の下落や、サブプライムローン問題、そして米国景気の減速懸念など、海外の混乱が日本の株価に深刻に影響した一年でした。

では2008年の日本の株価は、一体どうなるのでしょうか[sign02]

パネリストの方々のお話では、2月、3月までに日経平均が1万2000円くらいまで下がり、3月辺りから徐々に上がっていき、1万6000円~1万8000円くらいになるだろうとのことでした。
今年中には深刻な危機からは少しは脱出できるのかなぁという印象を持ちました。

でも、9日のG7では世界経済の減速懸念が明示されましたし、14日にはFRBのバーナンキ議長がアメリカ経済の先行きについて弱気な見方を示しましたので、まだまだ心配な面も多いですよね。
そんな中、カギを握りそうな好材料は北京五輪とアメリカ大統領選[flair]でしょうか。

国内経済では、官製不況と言われる「改正建築基準法」に伴う住宅着工数の減少がこれからどうなるかや、市場の活気に影響を与える「証券優遇税制」の行方も気になります。
また、不安の連鎖のような群集心理が働いて、労働意欲や購買意欲が減退する状況は決して好ましくないはずです。

とにかく、「今は日本株が怖くて買えない[bearing]」という心理を解きほぐす政府の対策が必要なのだと言うことをお話を聞いて感じました。

現在の日本、将来への不安は拭えませんが、少しでも前向きな気持ちを持っていたいと思います[shine]

次回の「頂上決戦」は3月1日(土)午後5時からの放送です。
どうぞご覧ください[happy01]

2008年2月15日(金)15:59 個別ページ コメント(4)

バーチャルFXに初挑戦!

皆さん、こんにちは。
寒い日が続いていますが、お元気でお過ごしでしょうか?

さて、今週からバーチャルのFXに挑戦しています。

外為どっとコムさんのホームページで外国為替の仮想取引ができる「バーチャルFX」。
仮想資産500万円が与えられて、3ヶ月間取引をしていくんです。

実際の取引レートを使っているので、バーチャルと言えども、まるで本物のFXをしているようです。

スタートして4日目になりますが、520万くらいになりました(^^)♪

まだまだ難しくて分からないこともたくさんありますが、外為どっとコムさんから頂いたFXの本をしっかり読んで、少しでも資産が増えていくよう頑張っていきたいと思いますo(^-^)o! 
経済指標もきちんとチェックしないとですね。

「バーチャルFX」の方でも、3ヶ月間ブログを書くことになりましたので、見ていただけたら嬉しいです。

080201_031426_2

2008年1月31日(木)22:20 個別ページ コメント(4)

2008年の日本経済

皆さんお元気ですか?
東京では今朝早く、ぱらぱらと初雪が降りました。
ようやく遅い冬本番という感じです。

私は先週まで風邪を引いていたのですが、なんとか回復しました。
今、風邪が流行っていますので、皆さんも気を付けてくださいね。

さて、先日放送されました「頂上決戦」。
今回のテーマは『2008年 日本経済はこうなる!』でした。
ユーロ高、サブプライムローン問題、原油や貴金属価格の高騰・・・。昨年の国内外マーケットは大きく揺れ動いた1年でした。
果たして2008年の経済はどうなるのか?パネリストの方々にその行方を伺いました。

Photo_4















17日現在、日経平均株価は1万4000円を大きく割り込み、NY市場は続落し9カ月半ぶりの安値水準。また、円高が進み107円台前半を推移しています。原油は上げ止まりの傾向・・・。
一方、金価格は利益確定などの売りはあるものの、相変わらずの高値を維持しています。それぞれの市場は年明けから大きく動き、混乱した展開となっているようです。

昨日の官房長官の会見では、この株価の下落について「基本的に日本経済の変動によるものが株価に影響をもたらしているということではないと理解している」と言うことでした。つまり、日本経済の基盤はしっかりしているが、アメリカ問題が影響を与えているのだと・・・。
しかし、同日発表された日銀の景気判断は下方修正されており、日本の現実はまだまだ厳しいと思わせる内容でした。

経済についての日銀からの発表文は、私には難解で回りくどい文章のような気がします。「一部で弱めの動き」「緩やかな拡大基調」など、抽象的すぎてなかなか想像が付きません。言葉によりいたずらに混乱を招かない配慮がされているためかも知れませんが、この言葉が抽象的になればなる程、逆に不安や危機感を感じてしまうのは私だけでしょうか?

サブプライムローン問題は、これから更に影響が拡大するとの見方が出ています。これから隠れていた損失が表面化するものもあると言われていて、世界経済が安定するまでにはまだ数ヶ月とも、1年とも・・・。

さて、ここに興味深いデータがあります。
今日のニュースで、転職サービス「DODA(デューダ)」が、「職種別平均年収ランキング」を発表したとありました。調査が行われたのは2006年1月から2007年9月で、25~29歳、30~34歳、35~39歳の3つの年代別に発表しました。

全ての年代でトップとなったのはなんと「投資銀行業務」なんです!
2位も「運用会社(ファンドマネジャー・アナリスト・ディーラー)」です。
これはサブプライムローン問題拡大前のデータですが、要するに「景気が拡大しようと後退しようと、そこには必ず市場があり、投機すべき銘柄が必ず存在して、確実に利益を上げている」という事なのでしょうか?

最近の原油高の原因は、社会情勢よりむしろ投機的色合いが濃いとされているようです。
「お金のある所にお金が集まる」というか、「お金の流れにお金がさらに乗る」現象により今は高騰していますが、裏を返せば利益が最大の所で売却益を確保するはずですから、一斉に売り始めて相場が急落する時期が来るとも言えます。

でも庶民(私)の立場から言えば、大切なのは・・・ガソリン(タクシー代)が安く、食べ物が安く、アクセサリーが安く・・・。
ただそれだけなんですけれどね(笑)。

 

次回の「頂上決戦」は2月2日午後5時からです。
また、あさって19日(土)に、外為どっとコムさん主催のセミナー「TOKYO GAITAME SHOW 2008~個人投資家のための投資戦略」で、蟹瀬さんと一緒に進行役を務めさせていただくことになりました。皆さんとお会いできることを楽しみにしていますo(^∇^)o

 

2008年1月17日(木)17:49 個別ページ コメント(2)

謹賀新年☆

明けましておめでとうございます!

今日から本格的にお仕事が始まる方もたくさんいらっしゃると思いますが、お正月休みはゆっくりできましたか?

私は仙台で新年を迎え、家族で温泉に行ったり、甥っ子姪っ子と一緒に遊んだりと、楽しいひと時を過ごしました。

Dsc01566仙台では雪が降っていました。この冬初めて見た雪で、なんだか心がワクワク♪   
Dsc01577今回も、仙台の冬の風物詩『光のページェント』を見てきました。定禅寺通りのケヤキ並木ですが、とても美しい光のトンネルが続いています。         

Dsc01608そして、宮城蔵王の方にある青根温泉に行って来ました。
青根温泉は1528年に発見され、仙台藩主伊達家の保養所もあったそうです。小さいけれど、武士の湯治場としての素朴な雰囲気を残した、静かで素敵な温泉街でした。

Dsc01612たまたま露天風呂に母と2人しか入っていなかったので、写真を撮ってしまいました!雪景色がとても素晴らしかったです。

 

 



今年一年が、皆さんにとって幸せな年でありますように☆。.:*:・'゜ ☆。.:*:・'゜ 

今年もどうぞよろしくお願い致します。

 

2008年1月 7日(月)09:43 個別ページ コメント(2)

仕事納め♪

今日は大晦日☆ 今年ももう終わりですね。
皆さんはどんな年末をお過ごしですか?
ゆっくりとふるさとでお過ごしでしょうか。
私は、昨日まで朝日ニュースターでニュースのお仕事でした。
今日からお正月休みで、これから仙台に帰省します♪

振り返ってみると、今年一年、いろいろな出来事がありましたよね。

参議院選挙で民主党が勝ち、与野党が逆転となりました。
安倍総理の突然の辞任、また防衛省の汚職や年金記録問題。
そして食品偽装。不二家、ミートホープのひき肉、白い恋人、赤福、船場吉兆の高級食材…。あまりにも次々と食品の偽装が発覚したので、私も「これも、もしかして?」と疑ってしまったり、安心して食べ物を口にすることができなくなった気がします。

そういえば、日本漢字能力検定協会が全国に公募している今年の世相を表す漢字。2007年は『偽』でした。信じていたものが偽物であった。信じていたのにうそであった・・・。いろいろな面で信用できなくなるような出来事が多くあった一年でした。そんな世の中であるのは残念なことですよね。

経済においては、サブプライムローンの問題から、日本でも株価が急激に下がったりと、世界経済が大きく揺らぎました。また、原油価格の上昇で、ガソリンもびっくりするくらい値上がりしました。ガソリンだけではなく、食品や生活用品なども!

2008年はどんな年になるのでしょうか。来年は、北京オリンピック、アメリカ大統領選挙があります。もしかして、解散総選挙もあるかもしれません。これらのことが、私たちの生活に、良い方向に結びつくものであってほしいです。

そして、私個人的なことでは、今月から、アナウンス業務だけではなく、ニュースデスクも兼務するようになりました。新しい挑戦です!
ニュースの項目を選び、見出しを考え、構成していくところから一人でこなすのは大変ですが、より深くニュースを理解して伝えることができるようになったなと思います。

来年は明るいニュースをたくさん伝えられる一年になりますように…。(あれっ?去年も同じことようを言っていたような・・・(笑)。)

来年も頑張っていきますので、どうぞよろしくお願い致します。

それでは皆さん、良いお年をお迎えください(*^▽^*)/☆
 Dsc015372_4                         

 

 

 

                          

 

                                            




( 写真は、外為どっとコムさんのウェブで流れる『GスタTVお正月特番』を収録したときのものです。左から、野村雅道さん、酒匂隆雄さん、私、今井雅人さんです。2008年の為替動向についてお話いただきました。近日中に見られると思いますので、是非ご覧ください。)               
 

2007年12月31日(月)08:09 個別ページ コメント(3)

Merry Christmas♪

皆さん、こんにちは!
早いもので今年もあと一週間ちょっと。
お仕事や忘年会、年賀状書きなどで、師走のこの時期は何かとせわしないですよね。

私も、ニュースのお仕事や番組の収録、ナレーション録り、司会のお仕事などが続いていてバタバタしておりました。もちろん忘年会も!番組関係の忘年会、事務所の忘年会、朝日ニュースターのアナウンサーの皆さんとの忘年会etc…お誘いいただいたものは全部参加するようにしていましたら、一日に二箇所を掛け持ちという日もありました(笑) 一年の締めくくりにたくさんのお世話になった方と「お疲れ様でした」と乾杯できることは、とてもありがたいなぁと感じます。

Dsc014551_3さて、先日、来年1月放送の「頂上決戦」の収録があったのですが、今回もお正月特集ということで振袖で出演します。写真は、収録前に撮ったものです。スタジオでの写真はオンエアの後に載せたいと思います。是非次回の「頂上決戦」、ご覧ください。

そして今日は、クリスマス イブですね!どうぞ皆さん、素敵なクリスマスをお過ごしください☆。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜

Merry Christmas♪

2007年12月24日(月)16:28 個別ページ コメント(6)

地方経済

皆さん、お元気ですか?すっかり寒くなりましたね。
吐く息が白くなると、「もう冬なんだなぁ。」とあらためて実感します。

先日放送されました「頂上決戦」。今回は『地方経済はどうなる?』 でした。このテーマについて、地方自治、地方経済の専門家の方々にご意見を伺いました。

今、ニュースでは何かと地方が注目されています。
政治では、国から地方への税源移譲と地方交付税の見直し、また 道州制の導入も議論されています。そして東国原さんを始めとして 自分の県をアピールするために、知事さんや自治体の長の方々が 自らメディアに積極的に出演される機会も多くなってきました。
一方夕張市など、財政破綻に追い込まれるところも出てきています。個人だけでなく、県や市区町村単位においても、格差は拡がりつつあるようです。

「国や役所が保証してくれるものは安心、大丈夫。」

このような意識は昔からあると思います。
しかし最近になって、その役所自体のずさんな金銭管理や経営の失敗により、私たち国民が直接的に被害を被る機会も出てきています。「自治体は独立した企業」だと自覚をして、様々なアイデアを外部から取り入れて経営努力を尽くす・・・。今、こういった考えの市区町村が増えていると聞きます。「市区町村は県に依存し、県は国に依存する。」このような構図からは、早く脱却しなければいけないのかもしれません。

番組の中では、「収入に対する借金返済額の割合が25%以上の自治体」は、夕張市以下13全ての市町が北海道にあるというデータを取り上げて、今後破綻の危険性のある自治体を説明していました。つまり、国に最も依存して来た歴史のある北海道の地方自治が、皮肉にも現在最も危機的な財政状況なのだと・・・。

「北京で一羽の蝶々が羽ばたいたら、ニューヨークでハリケーンが生じる。」

今回のパネリストのお一人、前三重県知事北川正恭さんは「47都道府県の約1800の市区町村、そして国民一人ひとりが、それぞれの責任のもとに北京の蝶々として羽ばたけば、日本に本当の民主主義が芽生える。」と主張されています。

今、私たち自身がこの地域、そしてこの国を創っているんだと考えて毎日の生活の中から何か自分ができることを探して、実行していくという必要性を改めて感じました。

次回の「頂上決戦」は来年1月5日(土)午後5時からの放送です。
もう来年なんですね。早いですねぇ。

どうぞお楽しみに( ^∇゜)☆

2007年12月 6日(木)16:15 個別ページ コメント(3)

紅葉狩り

皆さん、こんにちは。念願の紅葉狩りに行ってきました。

場所は、湯河原。温泉町で有名ですよね。
初めて行きましたが、落ち着いた雰囲気のとても素敵な町でした。
古くから、夏目漱石や芥川龍之介、島崎藤村など、多くの作家が静養や執筆活動のため訪れていたそうです。

Dsc01389  湯河原には『もみじの郷』という紅葉スポットがあり、そこまではハイキングコースになっていて、山を登って行きます。
久しぶりの森林浴で、とても気持ちが良かったです。
マイナスイオンをたくさん浴びてきました♪

Dsc01396今年の紅葉は色づきが良くないと言われていますが、『もみじの郷』では、写真のように鮮やかに色づいているモミジ、ありましたよ!
(でも中にはまだ緑色のものもあり、  地球温暖化は日本の四季にも影響していることを、改めて感じました。)

Dsc01398いつも東京の高いビルばかり見ているので、たまに、このように山や森林を見て、目にも栄養を与えることは大切ですよね。
おいしい空気も吸って、とてもリフレッシュできました。



さて、今日はこれから、ナレーションの収録に行ってきます。
明日は名古屋に出張です。
今日も一日頑張りたいと思います。

皆さんも、寒さに負けず良い一日をお過ごしください。

 

2007年11月28日(水)09:28 個別ページ コメント(2)

夏目漱石展

先週、江戸東京博物館で開かれている、特別展『文豪・夏目漱石 — そのこころとまなざし—』に行ってきました♪

Dsc01379_31章 生い立ち・学生時代
2章 松山・熊本時代~ロンドン留学
3章 帰国・創作開始
4章 漱石が描いた明治東京
5章 漱石山房の日々
6章 晩年
というように、漱石が生まれてから生涯を閉じるまでの49年を追っています。

漱石の直筆の原稿、絵画、日記、メモ、また学生時代の答案、講義ノート、漱石がイギリス留学中に購入した沢山の洋書など、膨大な数の資料が展示されていました。

ひとつひとつ興味深いものばかり。 学生時代の数学の答案が全部英文で書かれてあることにはとても驚きました!また、漱石が読んだという洋書には感想が細かい字でびっしりと書き込まれてあり、几帳面で、ものすごい勉強家だったんだなぁと思います。

面白かったのが、「梅干、福神漬け、フンドシ・・・」というメモ。
これは、イギリスに留学するときの持ち物だそうです。

そしてなんと、「金銭貸付帳」や「弟子に貸した本のリスト」もありました (@o@)。「貸付帳」には貸した金額と貸した人の名前が一行ずつ書かれていて、返してくれた人のところには線を引いて消されています。ここからも、漱石の几帳面さがうかがえました。漱石には、慕って集まってくる弟子が沢山いて、親身になって面倒をみていたようです。それにしても、線が引かれていない人が結構いたんですよ!

もうひとつビックリしたもの。漱石のデスマスクです。なかなか実際には見ることの出来ない、本当に貴重なものだと思います。

とにかく夏目漱石ファンにはおすすめの展覧会ですが・・・、
今日が最終日のだったのです。終わってしまった展覧会のお話でゴメンナサイ。

今、『吾輩は猫である』を読んでいます。子供の頃、読もうと思い一度トライしたことがあったのですが、細かい字と慣れない文体で2、3ページで読むのをやめてしまったんです。でも、今回漱石展へ行って、きちんと目を通してみたくなりました。

とっても面白いです(^∇^)! 猫の視点から、飼い主 苦沙弥(くしゃみ)先生の家族や、そこに集う友人たちの人間模様が風刺的に描かれています。

人間社会をクールな目で観察する猫。ちょっと生意気だけれど、憎めなくて愛らしいんですよね。
そして、猫はもちろん、苦沙弥先生など登場人物のキャラクターもみんな個性的で、ユニークなんです。猫の語り口調やみんなの会話が本当におかしくて、思わずふき出してしまいます。
このお話を書いた夏目漱石自身が、とってもユーモアのある人だったのでしょうね。

漱石の作品では、『坊ちゃん』、『門』、『こころ』を読みました。他におすすめの本がありましたら、漱石に限らず、ぜひ教えてください。

それでは、皆さん、急に冬のように寒くなりましたので、風邪ひかないようお気をつけくださいね。

2007年11月18日(日)11:18 個別ページ コメント(4)
<<  3 | 4 | 5 | 6 | 7  

外為どっとコムからのご案内

外為どっとコムTwitter