FXブログ なぜ? なに? どうして? 日本の不思議


「頂上決戦」最終回。


皆さん、こんにちはhappy01
もうすっかり春の暖かさかと思っていたら、最近また真冬に戻ったような寒さ。このところ温度差が激しいので、体調管理にはくれぐれもお気をつけくださいね。


さて今日は、先日放送されました「頂上決戦」についてです。

今回、最終回のテーマは
どうすれば日本はもっといい国になれる?
「日本経済の進むべき道」でした。

2003年5月からスタートしたこの頂上決戦。
様々なテーマで論戦を繰り広げ、日本の経済、世界の経済を様々な角度で分析してきました。
100年に一度とまで言われる今回の世界的大不況により、日本経済も深刻な状態。輸出は低迷、雇用環境は悪化、庶民の生活は苦しくなる一方・・・。また、少子高齢化は先進諸国のなかでも異例のスピードで加速。中国やインドなど、新興国の追い上げで、日本が持つインセンティブも、大きく後退してしまっています。
果たして、世界第二位の経済大国、日本はこの厳しい局面を乗り越えることができるのか・・・。
最終回を迎え、6年間経済を見続けてきた番組「頂上決戦」が、どうすれば日本経済がより良くなるのか、「日本の将来のあるべき姿」を3人のパネリストの方々と模索しました。

先日、内閣府から2008年10~12月期のGDP改定値が発表されました。
前期比でマイナス3.3%(年率マイナス12.1%)。
これは過去最悪のマイナス成長だった1974年1~3月期(13.1%減)に次ぐ状況です。
企業の設備投資や在庫投資の減少がGDPを大きく押し下げる原因となっているもようです。

2007年の夏頃に始まったサブプライム問題に端を発したこの世界経済の混乱は、1年半経った現在、さらに拡大の危険が増してきました。大元のアメリカは新大統領が新たな経済対策を続々と打ち立て、何とか株価やドルを維持している一方、ヨーロッパや日本などは影響があまりにも大きく、経済指標の下落が顕著です。この状況を打破するためには相当の時間と労力が必要とされるのかもしれません。
現在、NYダウが下がればドルが買われるという不思議な現象が起きています。
「リスク回避のドル買い」なのだそうです。ダウが上がっても下がってもドルが買われるのです。
これは、危機的状況のアメリカのドルよりも、更に円やユーロの信頼が下がってしまっていることを意味します。「より安全」を選択すると、最後に基軸通貨としてのドルが残るのだそうです。


そして、番組のパネリストの方々の今後の日本経済に対する予想、ご意見は・・・

○世界の経済の見通しはまだまだ見えてこないが、アジアなどの新興国、特に中国が経済回復のカギになる可能性がある。それは中国国内の政治的な動きが大きな影響力持つ。

○雇用の問題では、失業率はこれから5%、6%という数字に達する。
日本は失業という言葉に弱く、転職のシステムが充分でないので、失業率が心理的に人々に与える影響はかなり大きい。それが消費低迷に拍車を掛けるであろう。少子高齢化に年金や医療、介護の不安もあり、消費向上には政治的な対策が不可欠。

○現在の株価はじりじりと下げているので、どこが底か買い場が判断しにくく、マーケット自体に活力が出てこない状況。待ち続けることも大切だが、今から種をまくという気持ちで3年後を見据えた長期的な投資をする考えもある。ファンダメンタルズ的には日本経済は、4月~6月あるいは9月の下旬~10月の初めに一旦底を打つという可能性がある。その時もU字型ではなくL字型に近い回復のしかたになる。

○為替は今、政治の混乱を嫌っている負のスパイラル状態。
2、3月あたりから、そろそろ最悪期間を脱出しつつあるかもしれない。
通貨は分散した投資が大切。当初予想されていたような極端な円高にはもうならないであろう。

○いま大切なのは政治のリーダーシップ。
国内の現状を知り、経済を必ず立て直すという覚悟を持ったリーダーが必要。

まとめるとこのような見通し、ご意見でした。


経済は循環していると言われています。これから日本の経済が少しでも上向きになり、そして不安が少しでも取り除かれて、私たちにまた安定した豊かな生活が戻るよう、心から願っています。私も、「一人ひとりがこの国の経済を支えている。」こうした意識を大切にして、毎日を生活をして行こうと思います。


今回で「経済討論バトル・頂上決戦」は終了します。

この「頂上決戦」は、金融、経済の専門家の方々の生の声を番組の中でぶつけ合うことによって、経済の「本音」が伝わる番組だったと思います。過去には白熱した場面も何度かありました・・・。偏らず、多くの視点から経済をとらえ、それをわかりやすく解説してきました。
この番組が、皆さんの経済の知識や、資産管理の知識を充実させるための参考になったのでしたら、この上ない喜びです。

6年間、本当にありがとうございましたshine
改めて、番組をご覧になってくださったすべての方に感謝いたしますconfident

また、制作にかかわるスタッフの皆さん、外為どっとコムの皆さん。長い間ご指導いただき、お世話になりました。
そして、司会の蟹瀬誠一さん。いつもフォローしていただいて、お世話になりっぱなしでした。
またいつか、皆さんとご一緒にお仕事できたら嬉しいです。

最後にもう一度。
本当にありがとうございましたshine

DSC02953.JPG
2009年3月15日(日)11:21 コメント(5)

コメント一覧コメント5件

千鶴さん、”頂上決戦”お疲れ様でした。回を重ねる毎にブログのコメントもレベルアップするのを見て、本当に感心していました。
仙台に戻られても、さらに良い情報発信を期待しています。
何年か前に一度お会いして以来、もう拝見できなさそうなのが残念ですが、仙台で情報発信のネタに困ったら是非ご連絡ください。微力ながらマーケット情報お送りします(なお、このコメント欄のE-mail枠には小生のアドレス長すぎていつも最後の”e"が 入っていません(笑))。
では。Hiro。

投稿者:hiro|2009年3月17日  00:46

「頂上決戦」長い間お疲れ様でした。
この4月という節目は、人それぞれ、喜びや期待や不安…色々な想いがありますよね。私もこの4月から環境が変わるので、そんな気持ちです。
仙台に行かれても、明るく元気で、皆に幸せを振りまく飛田さんでいてくださいね。

投稿者:としおとこ|2009年3月18日  15:44

初めて書き込みます。
頂上決戦お疲れさまでした。
同級生が活躍している姿を拝見できてとても嬉しく思います。
今度は仙台でお仕事があるとか。
私も仙台におります。これからの活躍をこれからも応援しています!

投稿者:rie|2009年3月26日  00:10

飛田さん
6年間お疲れさまでした。

「6年」というのは、ちょうどいろんな意味で一区切り
だと思っている期間です。いろんな勉強をさせてもらっ
たというだけでなく、たくさんの人へさまざまなアウト
プットもいっぱいできたことと思います。

たくさんの人に支えてもらっただけでなく、たくさんの
人によい影響を与えてこれたということですね。

新しい世界では、この6年間はもちろん、それ以前も
含めて、あらゆることが生かされて活躍できるものと
思います。

まもなく始まる新天地のプレッシャなどもあると思い
ますが、いっぱい楽しんでくださいね。
たくさんの人が応援してますし、もちろん私も応援し
続けます♪

投稿者:shiba|2009年3月30日  00:07

hiroさん
いつもブログを読んでくださり、ありがとうございました。そして、温かいコメントをありがとうございました。
仙台でも頑張って参りますので、応援してください。
hiroさんも、どうぞお元気で!

飛田 千鶴


としおとこさん
いつもブログを読んでくださり、コメントをくださり、ありがとうございました。
そして、番組も見てくださって本当にありがとうございました。
としおとこさんも、新しい環境での生活、頑張ってくださいね!応援しています。

飛田 千鶴


rieさん
同級生でいらっしゃるんですね。
コメントありがとうございます。とてもうれしいです!
新たに仙台で放送の仕事をすることになりました。
いつかお会いできるといいですね!

飛田 千鶴


shibaさん
温かいコメントをありがとうございます。
とてもうれしく、励みになっております。
こちらでも一生懸命頑張りますので、応援よろしくお願いします。
shibaさんも、お身体大切になさってお仕事頑張ってください。

飛田 千鶴

投稿者:ちづる|2009年4月 1日  09:30

外為どっとコムからのご案内

外為どっとコムTwitter