中級編2 FX 〜相場の読み方〜

金融政策は為替相場に影響を与えることもあります

金融政策とは、中央銀行が行う金融面からの経済政策のことです。為替相場では政策金利の調整が大きく注目されます。一般的に中央銀行は景気が過熱すると金利を引き上げ(=利上げ)て景気を冷まそうとし、反対に景気が後退する場面では金利を引き下げ(=利下げ)て景気の失速を防ごうとします。
さて、その金融政策ですが、利上げや利下げを行った場合、そのことが為替相場の大きな変動要因になることがあります。金融政策は理想的な経済成長の実現を目指して行われるので、一般的には利上げが行われた場合は内外金利差が拡大することで通貨高要因となり、反対に利下げの場合は金利差の縮小により通貨安の要因であると言えます。
なお、利上げ、利下げも実施されず、政策金利水準が据え置かれることも多々あります。政策金利水準が据え置きの場合でも、それが経済成長に一役買うと見られた場合には為替相場が上昇し、政策金利水準据え置きの決定が適切ではないと市場関係者が判断した際には為替相場が下落するというケースもあります。

知って納得!FX用語 「政策金利」

政策金利は、中央銀行が一般銀行に貸し出すときの金利。国の基本的な金利となり、金利体系のもととなる短期金利のこと。

政策金利の上げ下げは何で決まる?

では、政策金利はどのような時に引き上げ(引き下げ)られるのでしょうか。それは多くの場合、物価が上昇し景気が過熱(もしくは物価が下落し景気が後退)した場合に実施されます。

景気が過熱する場合には利上げをすることで、中央銀行は景気の過熱感を抑制します。政策金利が引き上げられると、各種ローンの金利も引き上げられます。すると、その金利が引き上がった分、ローンを組んで自動車や家などを買いにくくなります。それによって、行き過ぎた消費行動を抑制して、消費の伸びを緩やかで持続可能な程度にすることを目指す目的で「利上げ」は実行されます。


逆に、景気悪化の歯止めがかからないときには「利下げ」が実施されます。政策金利が引き下げられると、各種ローンの金利も引き下げられます。そうなりますと、その金利が引き下がった分、ローンを組んで自動車や家などを買いやすくなります。それによって、活発な消費行動を呼び起こすことを目指す目的で「利下げ」は実行されます。

経済成長は緩やかで長続きするのが最も理想的です。その理想的な経済成長を実現、もしくは続けていくために実施される政策のひとつが金融政策です。

金融政策を決定するのは中央銀行

その政策金利を含めた金融政策を決定するのが、各国の中央銀行です。中央銀行は、民間の銀行や政府に資金を融資しているだけではなく、通貨を発行できる唯一の銀行で、中央銀行は各国に設置されており、「日本銀行(日銀)」は日本の中央銀行です。日本では毎月政策金利の変更が行われますが、経済動向によって変更もあるので、注意しましょう。

日、英、米は政策金利のほかにココもチェック!

さて、たいていの場合、金融政策は中央銀行の委員による多数決で決定されております。その中で、日本、英国、米国はその多数決の票数の内訳が公表されます。この内訳も為替相場に大きな影響を与えることがあります。
例えば、英国では2007年6月に政策金利水準を据え置くことを決定したものの、反対票(利上げを主張)が4票と賛成票の5票に1票差にまで迫ったことで、次回は利上げが実施されるだろうとの観測が台頭しました。それによって、次回の金融政策決定会合を待たずに、利上げを見込んだポンド買いによってポンド円相場が大きく上昇しました。

このように、政策金利の他にも金融政策決定会合の際の賛成票と反対票の内訳も注目材料となることがあります。
ちなみに、日本と米国は政策金利とほぼ同時に金融政策決定会合の際の賛成票と反対票の内訳も発表され、英国では政策金利発表から約2週間後に賛成票と反対票の内訳が発表されます。

次は、ファンダメンタルB 要人発言について詳しく解説

外貨ネクストはこちら

のりかえ&おかえりキャッシュバックキャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

高金利通貨キャッシュバックキャンペーン

業界最狭水準スプレッド

魅惑の通貨ペア、トルコリラ円

スワップポイント一覧

  Bid SP Ask
ドル円
ドル円
ユーロ円
ユーロ円
豪ドル円
豪ドル円
ユーロドル
ユーロドル

全ての通貨ペア