本人確認書類について

本人確認書類の提出方法

本人確認書類の提出は、口座開設のお申し込みを完了するために必要な手続きとなります。口座開設のお申込み後、本人確認書類を当社までご送付ください。

1.本人確認書類を用意する

本人確認書類としてご利用いただける書類は以下になります。

※氏名、現在の住所、生年月日が確認できるものをお送りください。

本人確認書類 ご注意点
1.各種健康保険証
(共済組合員証は健康保険証に準じます)
有効期限内、または現在有効なもの。お申込されたご本人の現住所・生年月日の記載があるかご確認ください。また、カード式の保険証では裏面に住所欄があるものがございます。この場合、裏面のコピーもご送付ください。
2.運転免許証 有効期限内、または現在有効なもの。住所・氏名を変更をされている方は裏面のコピーもご送付ください。コピーの際に、拡大・濃度の調整等を行っていただき、有効期限、免許証番号ならびに都道府県公安委員会の印(住所・氏名変更の裏書き箇所の印)が確認できる状態にてご送付ください。
3.パスポート 有効期限内、または現在有効なもので、日本国発行のもの。お名前・生年月日の記載された面とご住所欄がある最終面をご送付下さい。
4.各種年金手帳 有効期限内、または現在有効なもの。お名前・生年月日・現住所の記載が確認できる状態でご送付下さい。住所記載欄が無い場合は、年金手帳(原本)の余白部分にお書き添えください。
5.各種福祉手帳 有効期限内、または現在有効なもの。お名前・生年月日・現住所の記載が確認できる状態でご送付下さい。
6.在留カード 有効期限内、または現在有効なもので在留期間内のもの。裏面に変更事項の記載がある場合は裏面のコピーもご送付ください。拡大コピーを行っていただき、有効期限、カード(証明書)番号ならびに記載者印(住所変更等の裏書き箇所の印)が確認できる状態にてご送付ください。
7.特別永住者証明書
8.住民基本台帳カード 有効期限内、または現在有効なもの。お名前・生年月日・現住所・有効期限が記載された面のコピーをご送付下さい。裏面に変更の記載がある場合は、裏面のコピーもご送付ください。
9.印鑑証明書 発行日から6ヶ月以内の原本またはコピーをお送りください。お名前・生年月日・現住所および発行日・公印が確認できる状態でお送りください。
10.住民票の写し 発行日から6ヶ月以内のマイナンバー(個人番号)の記載のないものを郵送でお送りください。お名前・生年月日・現住所および発行日・公印が確認できる状態でお送りください。複数ページある場合は、全ページをお送りください。
11.住民票記載事項証明書

もっと見る

※運転免許証のコピー(住所が本籍と異なる場合のみ)、住民票の写しなど本人確認書類に本籍地が記載されている場合は、お手数ですが本籍欄を塗りつぶしてからお送りください。

本人確認書類の「ご氏名」「生年月日」「現住所」は、登録いただいたものと同一である必要があります!

上記3点がご登録内容と相違した場合は、「犯罪による収益の移転防止に関する法律」に基づき、申込審査を保留またはお断りする場合がございます。
必ず上記の項目が書類に記載されていることが確認できる状態で本人確認書類をお送りください。

本人確認書類の画像を送付いただく際は、鮮明な画像をお送りください!

文字が判読できない場合は再送付をお願いしております。本人確認書類をご送付いただくまでの間は審査保留扱いとなり、口座開設までお時間が掛かってしまいますことをあらかじめご了承ください。

「住民票の写し」および「住民票記載事項証明書」は、郵送のみの受付となります。その際、マイナンバー(個人番号)の記載のないものをご送付ください!
マイナンバー確認書(通知カード等)のご提出は、口座開設後(マイナンバー登録後)に所定の方法で行っていただくこととなります。

口座開設申込時に、マイナンバー確認書をお客様が誤って当社へ送付した場合は、当社の所定の手続きに従い書面を破棄させていただきますので、あらかじめご了承ください。

2.本人確認書類を提出する

本人確認書類は以下の方法で提出することができます。アップロードやメールでご提出される場合、比較的スムーズに口座開設の手続を進めることができます。

今すぐアップロードする場合

本人確認書類を撮影する

お手持ちのスマホ(デジカメ)で本人確認書類を撮影してください。免許証や保険証の裏面に記載事項がある場合は、裏面を撮影した画像も必要になります。
ピンボケや、フラッシュなどによる光の反射で画像の認識ができない場合は再提出が必要になります。撮影後の写真は、文字が判読できるか必ず確認してください。
※スキャナでの読み取りも可能です。

良い例

良い例

  • 全体が写っている
  • 画像が鮮明で文字が読める
  • フラッシュなどの光が反射していない
  • 画像が切れていない
  • 一部を隠すなどしていない

※免許証や保険証の裏面に記載事項がある場合は裏面を撮影した画像も必要になります。

※ピンボケや、反射などで画像の認識ができない場合は再提出が必要になります。

悪い例

本人確認書類が原因で「書類不備」に
なってしまうケースTOP3!

  • 1位:撮影した写真が不鮮明

    ピンボケしている

    1位:撮影した写真が不鮮明

    免許証や保険証を撮影する際のカメラの解像度が低い、またはピントがしっかり合っていない状態で撮影してしまい、文字の判読ができない。

  • 2位:光が反射している

    光が反射している

    2位:光が反射している

    スマホやデジカメで撮影する際、フラッシュの光が反射してしまったり、蛍光灯など周りの光源が移りこんでしまい、文字の判読ができない。

    スマホやデジカメで免許証や保険証を撮影する際のコツ

    撮影時にフラッシュを使用すると、光が反射してしまい、書類不備になってしまいます。極力、フラッシュの使用は避け、自然光のあるところで撮影するようにしてください。

    また、免許証や保険証を平坦なところに置いて撮影するのではなく、立て掛けて撮影することで蛍光灯などの反射をおさえることができます。

  • 3位:免許証や保険証の裏面画像の送付漏れ

    免許証や保険証の裏面画像の送付漏れ

    3位:免許証や保険証の裏面画像の送付漏れ

    免許証や保険証の裏面に記載事項があるが、表面の画像だけを送付してしまい、お申し込みの際にご入力いただいた情報の確認が取れない。

画像をアップロードする

以下の「アップロードする」ボタンから撮影した画像をアップロードしてください。

※裏面に記載事項がある場合は、裏面を撮影した画像もお送りください。

  • ※本人確認書類の「ご氏名」「生年月日」「現住所」は、口座開設時に登録いただいたものと同一である必要があります。
  • ※お送りいただいた本人確認書類は返却できません。あらかじめご了承ください。
  • ※「住民票の写し」および「住民票記載事項証明書」は郵送のみの受付となりますのでご注意ください。

アップロードする

アップロードする前に、画像ファイルを開いて、「ご氏名」「生年月日」「現住所」などが
読みとれるかご確認ください。文字が判読できない場合は再送付をお願いしております。

メールで送付する場合

本人確認書類を撮影する

お手持ちのスマホ(デジカメ)で本人確認書類を撮影してください。免許証や保険証の裏面に記載事項がある場合は、裏面を撮影した画像も必要になります。
ピンボケや、フラッシュなどによる光の反射で画像の認識ができない場合は再提出が必要になります。撮影後の写真は、文字が判読できるか必ず確認してください。
※スキャナでの読み取りも可能です。

良い例

良い例

  • 全体が写っている
  • 画像が鮮明で文字が読める
  • フラッシュなどの光が反射していない
  • 画像が切れていない
  • 一部を隠すなどしていない

※免許証や保険証の裏面に記載事項がある場合は裏面を撮影した画像も必要になります。

※ピンボケや、反射などで画像の認識ができない場合は再提出が必要になります。

悪い例

本人確認書類が原因で「書類不備」に
なってしまうケースTOP3!

  • 1位:撮影した写真が不鮮明

    ピンボケしている

    1位:撮影した写真が不鮮明

    免許証や保険証を撮影する際のカメラの解像度が低い、またはピントがしっかり合っていない状態で撮影してしまい、文字の判読ができない。

  • 2位:光が反射している

    光が反射している

    2位:光が反射している

    スマホやデジカメで撮影する際、フラッシュの光が反射してしまったり、蛍光灯など周りの光源が移りこんでしまい、文字の判読ができない。

    スマホやデジカメで免許証や保険証を撮影する際のコツ

    撮影時にフラッシュを使用すると、光が反射してしまい、書類不備になってしまいます。極力、フラッシュの使用は避け、自然光のあるところで撮影するようにしてください。

    また、免許証や保険証を平坦なところに置いて撮影するのではなく、立て掛けて撮影することで蛍光灯などの反射をおさえることができます。

  • 3位:免許証や保険証の裏面画像の送付漏れ

    免許証や保険証の裏面画像の送付漏れ

    3位:免許証や保険証の裏面画像の送付漏れ

    免許証や保険証の裏面に記載事項があるが、表面の画像だけを送付してしまい、お申し込みの際にご入力いただいた情報の確認が取れない。

メールの本文に必要事項を明記して画像を送付する

必要事項

  • 1.お客様のご氏名のフリガナ
  • 2.お客様のご住所及び連絡先
  • 3.オンライン申込をされた日付

※裏面に記載事項がある場合は、裏面を撮影した画像もお送りください。

Eメール送付例Eメール送付例

  • ※本人確認書類の「ご氏名」「生年月日」「現住所」は、口座開設時に登録いただいたものと同一である必要があります。
  • ※お送りいただいた本人確認書類は返却できません。あらかじめご了承ください。
  • ※「住民票の写し」および「住民票記載事項証明書」は郵送のみの受付となりますのでご注意ください。
Eメール送付先
kakuninsyo@gaitame.com

画像をメールに添付する前に、画像ファイルを開き、「ご氏名」「生年月日」「現住所」などが
読みとれるかご確認ください。文字が判読できない場合は再送付をお願いしております。

FAXで送付する場合

本人確認書類を拡大コピーする

拡大コピーした用紙の余白部分に必要事項を明記して送信する

  • 1.お客様のご氏名のフリガナ
  • 2.お客様のご住所及び連絡先
  • 3.オンライン申込をされた日付

※裏面に記載事項がある場合は、裏面の画像も
お送りください。

FAX送付例・A4用紙FAX送付例・A4用紙

  • ※本人確認書類の「ご氏名」「生年月日」「現住所」は、口座開設時に登録いただいたものと同一である必要があります。
  • ※お送りいただいた本人確認書類は返却できません。あらかじめご了承ください。
  • ※「住民票の写し」および「住民票記載事項証明書」は郵送のみの受付となりますのでご注意ください。
FAX送付先
0120-937-430

※受領したFAXが判読できないケースが多いため、可能な限りアップロード、メール、郵送など
他の方法での送付をお願いしておりますが、FAXで送信していただく場合は必ず本人確認書類を
拡大コピーした上でお送りください。

※上記送信先番号(フリーダイヤル)につながらない回線をご利用の方は「03-5733-3062」へおかけください。
(この場合、通話料がかかりますのでご注意ください)

FAXにてお送り頂いた本人確認書が不鮮明の場合、口座開設が滞る可能性があります。
本人確認書類をコピーする際は文字が読み取れるように拡大してください。
また、インクが濃すぎる等で文字が潰れたりにじんだりしないよう「詳細モード」等でお送り下さい。

文字が読み取れるよう拡大してください
文字が小さく認識ができない場合、再度画像の送付が必要となります。
文字が潰れないようご注意ください
文字が潰れて認識ができない場合、再度鮮明な画像の送付が必要となります。

郵送する場合

本人確認書類をコピーする

コピーした本人確認書類を郵送する

※資料請求をお申込みされたお客様は約1週間程度で資料一式が届きます。返信用封筒を同封しておりますのでご利用ください。
※「住民票の写し」および「住民票記載事項証明書」は、マイナンバー(個人番号)の記載のないものをご送付ください。
※裏面に記載事項がある場合は、裏面の画像もお送りください。

  • ※本人確認書類の「ご氏名」「生年月日」「現住所」は、口座開設時に登録いただいたものと同一である必要があります。
  • ※お送りいただいた本人確認書類は返却できません。あらかじめご了承ください。
郵送先
〒905-2172
沖縄県名護市豊原181
みらい3号館
株式会社外為どっとコム